初心者(大人)がプログラミングScratchにチャレンジしたら…


ネット販売、商品撮影、動画編集、ドローン…いろいろとチャレンジしてますが、最近は3Dプリンターやレーザーカッターに挑戦したいと3DCADに取り組んでおります。3DCADでは成果として見えるものがまだ無いので、今回はプログラミングにチャレンジした成果を公開!
ものづくりや通販に「プログラミング」をどう使うんだろうと思われましたか?ちょっと興味があって手を出しただけです( *´艸`)ドローンもそうですね(笑)

大人だって簡単なプログラミングがしてみたい

近頃はプログラミングの子どもイベントをよく見かけるようになりました。でも、大人は参加対象ではないものばかりで残念だな~と思っておりました。保護者として参加できない私は「子どもが出来るプログラミングなら私も出来るかもしれない。どんなものだろう?」と興味津々だったので、大人も歓迎のイベントに行ってみました!

プログラミングScratchにチャレンジ

そこで教えていただいたのが“Scratch(スクラッチ)”でした。
当日はさわりの部分くらいの内容でしたが、ダウンロードしなくても使えるオンラインの操作画面や参考になる作品集などを知っただけで、独学で学べる環境が整いました。
イベント中は、スプライトと言われるキャラクターなどの画像を動かしてみるプログラミングも少ししました。白い背景に猫のイラストだけでは膨らまなかったイメージが、バスケットゴールの背景にした途端「ドリブルさせたい!」「シュート入れたい!」という意欲が湧いてきましたp(`・ω・´)q
アカウント登録もせず作業も保存せず、ただバスケのイメージだけを膨らませて帰ったので、教わった内容を忘れないようその日のうちにScratchに再チャレンジすることにしました。 ネットで「scratch」と検索すると出てくる以下のオンラインサイトには、ガイドになるページもあり、登録も公開も簡単でした。 https://scratch.mit.edu/
2、3日かかって、なんとかScratchの初作品を完成・公開しました。

初めてのScratch作品

緑の旗をクリックすると、SCRACHキャットがナイスプレーをします。
完成度はイメージからすれば80%くらい。猫とボールの動きを別々にプログラミングしてドリブルやシュートをしているようにしてみました。
これは勝手に動くだけのプログラミングですが、マウスポインターの動きに合わせて動作するようなゲームを作ったり、音をつけたり自分の作った画像を取り込んだり、いろんなことが出来ます。 初めてにしてはまぁまぁなのでは…と自己満足しつつ、もう暫く気が向くまでしないかな、なんて。。面白いけど結構疲れました(;´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る