初心者にも分かる大まかなドローンの価格帯と機能


ドローンを使えるようになるか不安が残るけど、やっぱり興味が消えない。ということで、2つ行動を起こしました。
ひとつはイノベーターと言われる最先端で活躍されている方に、最近のドローン事情と私向きの機種を尋ねました。もうひとつはドローン体験会に再度参加して、前回とは違うドローンを操作させていただきました。

ドローンが折りたためるなんて!ケース企画はボツ?

イノベーターのT氏によると、最近のドローンはDJIの一人勝ち状態らしいです。と言われてもDJIがよく分からなかったので、Amazonやら情報サイトやらを調べました(笑)
DJIは本格的なドローンなので価格はお手軽ではありませんが、接触防止機能や今後のシェアなどを考慮すると初心者にもおススメということのようです。
プロになる訳ではないが、ちゃんと撮影したいなら「Mavic Air」がイイと言われました。
 
待望のMavic Air発売!DJI JAPAN 新製品記者発表会レポート
 
お~ スゴイ!4K小型ドローン、軽量で変形するんだ~♪
ってちょっと待て!これはコンパクトに折りたためるってコト?そもそも私は女性向けのドローンケースを創ろうとしてなかったっけ??今後のドローンの行く末によっては、ケース企画はお蔵入り…orz
そんなショックを受けつつも、ドローンの情報集めは進めます。

おおざっぱなドローン価格帯と機能

ドローン体験会にまた参加して、今度は1万円代と3000円くらいのドローンを操作させていただきました。操作性の違いなどを感じた上で、練習しやすいトイドローンを購入し、今は自宅で練習中( `▽´)ノ
以下は、イノベーターや体験会のアドバイザーからの情報と自分の体感した感想です。
 
ドローンは思った以上に風に流されます。しかもドローン自身が起こすプロペラの風にも翻弄されるので、床、天井、壁など物体に近づいただけでも急に操作が困難になります。ヘリコプターの周囲の暴風を想像するとイメージが湧くと思います。なので、操縦は風圧にどう対応するかが重要。練習には場所の広さだけでなく風のない所が理想的です。
 
◆ 3000円くらいのトイドローン ◆
・手のひらサイズのおもちゃですが、高度維持機能が無いのでホバリングなど操作は一番難しいそうです。慣れてくると1M四方のスペースでも操作できるので、室内で手軽に練習できます。
・本体が軽量で風に飛ばされやすいので屋外は難しく、室内でも空調は止めた方がいいでしょう。
・バッテリーは5分くらいで、充電が20分くらいでしょうか。バッテリーを複数使う方法もありますが、本体も休ませた方が本当は良いようです。
・カメラは無く撮影できませんが、レースや着陸ゲームなどは十分楽しめます。
 
◆ 1万円くらいからのお手軽ドローン ◆
・高度維持機能があるとトイドローンより操作は楽になります。機体が大きくなった分、操作に慣れてからの練習スペースでもせめて10畳くらい欲しいですね。
・屋外では「ドローンを買ってすぐに、高く飛ばし過ぎてどこかに行ってしまった」事件が頻発しているようですが、このくらいのドローンかもしれませんね。説明書などでしっかり操作可能な範囲などを確認して、残念なことにならないように注意しましょう。
・バッテリーは20分くらいのものが多いようです。物足りなく感じるかもしれませんが、一人で操作するなら集中力的には十分な時間です。
・このくらいの価格帯にはカメラが付いたものもありますが、画像は期待しない方がいいそうです。撮影飛行は被写体にカメラを向ける必要があるので、操縦のレベルをもう一段階あげる必要がありそうですね。
 
◆ 10万以上の本格ドローン ◆
・巷の美しいドローン映像はもちろん本格ドローン撮影ですから、撮影目的ならこのレベルが欲しくなります。
・本格ドローンになると、障害物を回避する「ぶつからない機能」やGPSを利用した「戻ってくる機能」を備えた扱い易い機種が増えます。ただしGPSも電波が受信できないケースはあり得るので、やはり操作技術は大切ですし、それでも墜落などは起こり得ます。
・飛行時間が長いドローンには28分くらいのものがあるようです。短いようですが、プロでも1フライト10分くらいという話もあります。操作の緊張状態が長くなると疲れて映像がブレたりするそうです。バッテリー的にも大きくすると機体が重くなるなど非効率な面があり、長時間飛行の開発は目指してないみたいですね。
 
どのドローンでも羽ガードがあった方がいいようです。
通販は特に、羽ガードが付いているかカメラの有無などよく確認して、失敗しないようにご購入されることをおススメします。
また、機体本体重量とバッテリー重量の合計が200g以上のドローンは無人航空機にあたるので、飛行許可が必要になってきます。違反すると罰金もあるので、カメラ付きドローンのサイズくらいからはルールにも要注意です(゚Д゚)ノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る