10,000円で手作り撮影スタジオ。背景や照明機器を使って写真や動画を撮りたい2


前記事の「背景スタンドを鴨居フックで代用!格安背景2,000円」に続いて、撮影スペース作りは照明器具の自作です。

照明の傘をダンボールで手作り。左右で7,500円

部屋の電気だけでは時間帯や天気によって明るさも違ってくるので、撮影にはライトもすごく欲しいアイテムです。しかも、影が出来ないように左右に置きたい。そこでカサを段ボールで作って、出来るだけ低価に抑えることにしました。

他に使えるものはないかと家中を見渡して、和風の衝立(パーテーション)をライトスタンドに大抜擢。結局、購入したのは電球とライトクリップを左右用で各2個。
 
 

実は照明の傘を作るヒントは、四角いカップ麺を見ていて思いつきました。この四角のイメージから、段ボールで八角を作ってカサにするアイデアです。
段ボールはいっぱいあるので、失敗を気にせずイメージで形を下書きして、カッターでバシバシ切っていきます。真ん中にライトクリップのソケット部分が入る大きさの切り込みを入れます。
八角に組み立てると、傘らしくなってるでしょ?おや、裏の部分になにやらセクシーな男性が…偶然ですよ、偶然( ̄▽ ̄)>
形を確認した上で、今度は傘の内側にアルミホイルを貼ります。八角の角度を変えるかもしれないので、形を固定しない状態で貼りました。アルミホイルは、一度クシャクシャにしたものを伸ばした方が光の反射がいいようです。
本当はディフューザーとして、ライトの前面にトレーシングペーパーを貼るともっといいようですが、大きいサイズのトレーシングペーパーって結構高い。A3くらいなら100均でもありますが、縦横35cm以上欲しいので今は保留中です。
この自作の照明器具を使って実際に写真撮影してみると、違いはハッキリ!しかも、昼夜気にせず撮影できるようになったのが、かなりストレス削減になりました。夜だから明日、雨だからまた明日、なんてしてたらヤル気なくなっちゃいますもんね。
傘を自作したので照明器具の合計は、電球1,500円×2個+ライトクリップ2,300円×2個=7,600円。なので背景2,000円を足して9,600円と、プチ撮影スペースは頑張れば一万円以内でも自作できます。(リンクを貼って気づいたのですが、電球とライトクリップは購入当時より値上がりしているようです。)
 
自宅での撮影に不便を感じている方は、何でお困りでしょう?在りものを上手く活かして、自分の撮影スペース作りにチャレンジしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る