試作品の製作 『てぽか』編 試作7号


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。
二重構造で進めることに決めた『てぽか』試作。でもここで、少し寄り道。指先ミトン式を作ってみることにしました。せっかく思いついたアイデアは、本線とズレていても試しておきたい。勢いに乗っている時は、メモに書き留めるだけでは治まらない。創らずにはいられないんですわ!

★試作7号

ほとんどミトンなので、手首もマジックテープを使わないフラットなものにしました。

 

≪課題≫
・指先の検討
・フラット手首

今まで指先は切りっぱなしでしたが、商品としてこれで良いのか迷いがありました。現在の『てぽか』はパイピングという方法ですが、ここでミトンのようにするという案を検討しました。

マウス操作には、人差し指と中指を出すだけでもOK。携帯操作には人差し指だけミトンの中に入れると良いかもしれない。

キーボードの時は全指出し。安定感も十分。ミトンとして日常で使ったら、お金の出し入れなど装着したままできて便利かも。

ただし、指の長さや手首など、サイズ展開の必要を感じてネックかなと考えました。

ミトンをひっくり返して、指先にミニカイロと思ったけどこれは評判イマイチ。実はカイロって、手に押し当てないと温かくない。上に載せてるだけでは役に立ちませんでした。

≪検証まとめ≫
△別のアイデアとしてはアリ今回は採用できそうにない
×サイズ展開が必要そう
×指先カイロは温かくない
×特許的にも難しい

やはり寄り道だったので、軌道修正して試作8号では女性向けのセンスを試すことにしました。

ところで、今は企画段階ですが、今後の『てぽか』の展開にこの寄り道試作7号が大きなヒントをくれました。保留アイデアが活かされそうな予感です。(後に『持てぶくろ』になりました。)

今後の企画についても、随時このブログに書いていきたいと思っています。


…試作8号につづく

「試作品の製作 『てぽか』編 試作7号」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る