ネット依存症じゃなくても、インターネットに繋がらない1日でリフレッシュ!


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。
家でも会社でもパソコン。移動中もタブレット。ずっとネットに繋がってる感覚が、普通になっていた気がします。特に、ブログを書くようになってから。何だかネットに向かっているのが嫌になって、1日離れていたらリフレッシュしました。

http://www.flickr.com/photos/11247304@N06/1340979043

photo by Fabio Marini


時々「ネット依存じゃないか?」「ゲーム依存じゃないか?」と思ったりしませんか?不安があるって嫌ですよね。そんな時は、ネット環境と1日スッパリ離れてみると分かります。

私は以前、オンラインゲームを毎日してしまう自分に不安を感じていました。でもパソコンが古くなって買い替えた時も、ネット環境に影響があると分かってゲームを止めることを選択した時も、禁断症状が出るどころか解放された気分になりました。

特に感じたのは以下の3つ。

1.時間を有効に使える。
2.随時更新ものも纏めて読める。
3.情報を見逃しても大したことじゃない。

依存までなっていなくても、ネットに振り回されていたかもしれないなって思いました。そして、リフレッシュするとネットが「便利な道具」って感覚も戻ってきました。これが大事なのかも!

http://www.flickr.com/photos/54450095@N05/9527140126

photo by IntelFreePress


インターネットが繋がっているのが当たり前の環境に、ちょっと麻痺している人はたくさんいると思います。そんな麻痺状態なら「今日はネット使わないぞ」ってだけでも、意外と簡単にリフレッシュできたりします。(もちろん、酷い禁断症状になったら即、治療をお勧めします。)退屈な状態でネットに手が伸びそうな方は、その日の活動予定を立てておくと良さそうですね。

私は「ネットが無くても大丈夫」って体感すると、自信も持てたし、使い方もコントロールしやすくなりました。1日ネット断ちくらいなら支障も少ないし、時々やろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る