試作品の製作 『てぽか』編 試作4号


この記事およびコメントは、はてなブログから移行しました。 リンク切れ等の可能性があります。ご了承ください。
試作3号の失敗を気にしている場合ではない!自社商品を決めるミーティングが迫ってました。この辺で、提案できるレベルの試作品にしたいところです。

★試作4号

手持ちの生地とはいえ、商品化をイメージ出来るような完成度を目指します。まだ試したいこともあるので、どんどん改良トライ&エラーで進みます。
 
≪課題≫
・可愛い生地を使って、商品のイメージ演出。
・指先の形を検討。
・二重構造の内側フリース外側薄い生地。
・フリースの厚みは試作2号と3号の中間。 
・キーボードクッション。

有り合わせの生地で、ベストのセンスではないがそこそこの見栄えになった。指先をスカラップ(半円を連ねたような波形)にカットしてみたが、手間がかかるので商品化には無理かな。

フリースの厚みが丁度よい。前回の失敗を元に、二重構造部分は内布と外布の型紙に差をつけた。これにより、手にしっかりフィット。イイ感じ。

試作1号の時、片手で止めにくいから、諦めた手首のベルト。でもキーボードクッションが欲しかった。実は、親指と小指の固定で安定したので、ベルトが止めやすくなってました。マジックテープ式。

ただ縫い付けて一回転させてもマジックテープがくっつかない。ベルトを半回転させるために一点接合にしました。これを思いつくまでには、しばらく時間がかかりました。

≪検証まとめ≫
◎二層構造の型紙。手の丸みに合っていて、フィット感が増した。
◎キーボードクッション。ベルトの構造が成功。
△外側の生地が薄すぎた。
×指先スカラップは保留。


このポケット内臓の二重構造と、ベルト付きを基本タイプとして良さそう。全体的に完成度も上がったのでこれをミーティングで提出しました。冬に手が冷たくて困るという共感者は少数派でしたが、サイズが小さいことを除き、商品化に概ね賛同してもらえました!たぶんここまで作ってきた熱意の勝利p(*^-^*)q

そして、筆記や携帯操作ができた方がいいという新しい課題も出てきました。この時点ではターゲットが女性だったので、センス的な視点でもチャレンジしたい。また、販促品として簡易縫製バージョンができないか?など複数の検討事項が発生。商品化が見えた勢いで、これらを片っ端から試作していきます

 …試作5号につづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一覧へ戻る